《風俗ガイド》優しく接してあげれば次回はワンラク上のサービス

"デリヘルでのプレイが終わったらうだうだしていても仕方がありません。
プレイ後は女性とのプレイの余韻をとにかく楽しみ、軽くイチャイチャしながら最後の別れを迎えるようにしましょう。
ただ単に「風俗」と言いましても、その種類は非常に多くあり、様々な性癖を解消してくれます。
もちろん多くの「風俗」では営業許可を取得しているので決して違法行為ではありません。
デリヘル嬢の中には仕事に集中し過ぎてしまい、ついつい忘れ物をしてしまうことがあります。
プレイ後に退室をする時には『忘れ物無い?』などと声をかけてあげましょう。
プレイ後に貴方が『またお願いしたいな』と伝えることで、きっと女性も喜んでくれることでしょう。
なので最後はお互い気持ちよく別れるように貴方がリードしてあげることが大切なのです。"



《風俗ガイド》優しく接してあげれば次回はワンラク上のサービスブログ:06月19日

よく「ビールは減量中は控えたほうがいい」
という話を聞きますよね。

理由としてよく言われているのが、
ビールはカロリーが高いから
減量の妨げになるということです。

確かに、ビールにもカロリーはありますから、
あながち間違いではありません。

しかしそれよりも
ビールが減量中によくない理由があるんです。

ビールを肉体の中に入れることによって、
肝臓をはじめとする肉体のありとあらゆる器官が、
アルコールを分解し、排出するための体制に集中をする傾向があります。

ある意味そのくらいアルコールは、
肉体のエネルギーを集中させないと
分解、排出することができないともいえます。

でも肉体には、他にもいろいろな役割があります。

食事の中の栄養分から、
筋肉などの肉体の材料を作ったり、
カロリーを消費したりということがあります。

ところがビールを飲むことによって、
肉体の他の作業が一旦ストップしてしまうのです。

筋肉を作ることができなくなると、
カロリーを消費するすべを失います。
ですから、結果的には
ビールによって減量の進行を食い止めてしまう形になります。

なので、
減量中、ビールはできるだけ控えたほうがいいでしょう。

もしどうしても禁酒が難しいというなら、
飲むビールの量ではなく、
ビールを飲む回数を減らすことを心がけましょう!

一切ビールを飲まない日を設定することによって、
肉体がアルコールの分解に気をとられることがなくなります。

そのため、減量に集中することができるのです。